家財整理の窓口とは?
遺品整理の流れ

「家財整理の窓口」理念と想い

ネオスタンダード:後藤

ネオスタンダード(家財整理の窓口運営会社)に入る前に私、後藤(家財整理の窓口事業 責任者)が実際に体験したことです。

この家具だと7万円でお買取りさせて頂きます!

ネオスタンダード(家財整理の窓口運営会社)に入る前に私、後藤(家財整理の窓口事業 責任者)が実際に体験したことです。
おばが施設に入居することになり、おばの家を入居前整理することになりました。
アンティーク家具(棚)があったので、アンティーク家具屋さんを呼んで買い取ってもらおうと言うことになりました。
そのときに言われた冒頭の言葉が「この家具だと7 万円でお買い取りさせて頂きます!」でした。 この棚は持っていくのも
大変だし、捨てるのも大変だから7万円なら持って行ってもらおう!ということで持って行って頂きました。
しばらく経ってから、家族で「ところであの棚はいくらで出品されているのだろうね?」

という話になり、業者さんのことを調べていくと
なんと・・・

80万円で出品されていました!!

もし皆さんがこのような出来事を体験したとして、家族で集まりおばの話をするとき・・・

何が起こりますか?
我が家で起きたのは必ずこの「騙されちゃったよね~」という話を一通り話して

になってからでないとおばの話に移れなかったんです。

本来はおばとの楽しかった話や、嬉しかった話をしたいはずなのに・・・。

もしかすると、「家財整理で騙された」「過大請求された」「大切な遺品をゴミのように扱われた」「高価なものをネコばばされてしまった」そのような方々は、同じような思いを強いられてしまっているのではないか。
そんな現状は良くない!と思ったことが発端でこの事業をはじめました。 現状の家財整理業界はクリーンな業界になっていないかもしれません。
だからこそ私達「家財整理の窓口」が「正直・丁寧・感動」を大切にしてクリーンな仕事、正直な仕事をし続けることで
遺品整理業界全体をクリーンにできる一役を担いたいと考えております。

「家財整理の窓口」行動指針4ヵ条

  • 自分の大切な物のように家財を扱うべし
  • 作業は「スピード」ではなく「丁寧」重視で行うべし
  • お見積り、家財整理、買い取りの
    全てにおいて「お客様の想いに寄り添った仕事」をするべし
  • お客様のご要望には「できる」「できない」ではなく、
    「できる方法がないか」可能性を探るべし

家財整理の窓口
5つのサービス

  • ① 遺品整理

    ご家族が亡くなった後、故人の家財や身の回りの遺品整理を、ご遺族に代わって丁寧に行います。
  • ② 生前整理

    「家族に迷惑をかけたくない」そんな意思を尊重して遺品査定士が終活をサポート致します。
  • ③ 入居整理

    施設や病院への入居が決まった際、施設に持って行かない家財や生活品の整理をお手伝い致します。
  • ④ 退去整理

    施設で亡くなった場合、自宅や病院への移動が決まった際に、退居する施設整理のサポートを致します。
  • ⑤ 家財整理

    リフォームや引っ越し予定に合わせ、不要になった家財や身の回りの品物を処分致します。

① 遺品整理

「突然、家族が亡くなって部屋の中を整理しなければいけなくなった」
「住んでいる場所が離れているので気軽に行けない」
「仕事が忙しく、そもそも整理する時間がない」
このようなお悩みは当社の遺品整理サービスをおすすめ致します。
遺品整理と清掃を行いながら、プロの鑑定士が遺品の査定を行います。一つ一つ丁寧に遺品整理を行い、
買取や処分品に分別、その後の搬送や処分・売却まで一貫して対応しております。

② 生前整理

「残される家族に迷惑をかけたくない」
「自分が元気なうちに家財整理をしたい」
このような場合には、生前整理サービスのご利用をおすすめします。
身体が健康なうちに家財や趣向品の整理や不用品の処分をサポートします。
私たち「家財整理の窓口」では、お客様のご意向を伺いながら不要なものは処分し、買取で培ったプロだからこそ資産になるものを見逃さず適正な評価・買取・売却・保存など適正なアドバイスをすることができます。

③ 入居整理

「福祉施設の突然の入居が決まった」
「だけど、自分は一人身だし、家族も遠方に住んでいる」
「そもそも家の中を整理する体力も時間もない」
このようなお悩みの時は入居整理サービスのご利用がオススメです。
いろいろな事情で突然福祉施設への入居などが決まった場合でも、ご家族様や成年後見人による入居整理をご都合に合わせて迅速丁寧に対応させて頂きます。

④ 退去整理

「福祉施設の突然の退去が決まった」
このようなお悩みの時は、退去整理サービスがご利用可能です。
お一人様や突然福祉施設からの退去などが決まった場合でも、ご家族様や成年後見人による退去整理をご都合に合わせて迅速に対応いたします。

⑤ 家財整理

「長年放置している家財がたくさんある」
「リフォームするので家財を整理したい」
「倉庫や蔵の中を整理したい」
このようなお悩みがある方はとても多いです。
このような場合には、家財整理サービスのご利用が可能です。
長年放置されたままの家財や日用品があり、大家さんや管理会社からの整理依頼が来た場合やリフォーム・引越し・二世帯住宅対応・倉庫や蔵の整理まで幅広く迅速に対応いたします。

遺品整理の流れFLOW

遺品整理の流れをご紹介いたします。

遺品整理
生前整理

  • STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールでお問い合わせ
    まずはお気軽にお電話かメールでご相談ください。 ご遺族のみならず、昨今は身寄りのない方が亡くなるケース、遠方のご親族様からのご依頼、高齢者の後見人になられた方、金融機関・証券会社や不動産管理会社などからの生前整理のご依頼など様々なケースのご依頼が多くあります。

  • STEP02

    現地確認・見積もり

    現地確認・見積もりを行います
    ご依頼後、「どのくらいの物量」があり「どんな対応」が必要かを確認するために全国にいる弊社スタッフが訪問させて頂き、見積もりを行います。
    見積もり時に、弊社の遺品整理士(古物査定士)が直接伺い、遺品整理の物量・作業人数・ご教養物・相続財産選別・買取品などを確認して金額を算出します。この時に提示した金額以上に追加料金は発生致しません。

    料金のご案内

  • STEP03

    整理作業

    整理作業を行います。
    お客様の指示に全て従い、迅速に整理(分別・仕分け・梱包・搬出)致します。

  • STEP04

    軽清掃

    軽清掃を行います
    搬出後は清掃を致します。

  • STEP05

    作業代金のお支払い

    作業代金のお支払い頂きます。
    後日、作業終了の確認をして頂き、作業料金のお支払をお願い致します。

    整理料金について「ちょっと高い」と思われるお客様も多いですが、実は頂く料金の多くは不用品の処分にかかる「ごみ処理費用」なのです。その後、負担を少しでも減らせるように、しっかり買い取りをさせて頂き、リーズナブルに完結できるよう全力でサポートさせていただきます。

  • STEP06

    買取金額のお支払い

    買取金額のお支払いをします。
    弊社での買い取りリストに基づき買取明細書を必ず発行し、買取金額のお支払いを致します。
    実際には、作業料金と買取金額を相殺させていただき、弊社の買取金額が作業料金よりも多ければ、お客様に対して代金をお支払い致します。例えば、家財整理する部屋が3LDKの場合、整理料金の目安は1部屋×6万円なので、3LDK → 3部 L D K=6部屋✕6万円で計36万になります。
    ※物量や環境によって金額は前後致します。