本

ブログ

ブログ BLOG

生前整理

生前整理は健康寿命をも高める!?
 「整理」というと「大変」「時間がかかる」「捨てなきゃいけない」など、
ネガティブな感情が先に立ってしまうことが多いようです。

しかし、生前整理を行うことで大きなメリットが得られます。
それが今回のテーマである「健康寿命を高める」ということです。

 「家の中で物につまずいて転びそうになった」。
読者の方もそんな経験が一度はあるのではないでしょうか? 

厚生労働省「国民生活基礎調査(平成28年)」によると、
高齢者の介護が必要となった原因として、「骨折・転倒」は、
「認知症」「脳血管疾患」「高齢による衰弱」に次いで4番目に多い原因で、
事故によるものでは一番大きな原因となっています。


 一方、事故発生の場所についてですが、約77%が住宅で、
外での事故は10%に過ぎません。「自転車で転倒した」などの
外で起こる事故ではなく、「カーペットの上にあるコンビニ袋を踏んでしまった」
「手の届かないところに物があり、脚立から落ちてしまった」などの家の中で起こる事故なのです。


 私がセミナーで「最低限やっていただきたいこと」としてお伝えしているのは、
「床に物が置かれた状態にしない」「極端に高い・低い場所には物を配置しない」
という2つのことです。
もし皆様のお宅がこのような状態にある場合は物を再配置してください、とお願いしています。

 しかし、ご高齢の方が自分でやるのは危険が伴います。
生前整理のためにケガなどしてしまっては元も子もありません。
そこで、まずはご家族が手伝ってあげることをオススメします。
住環境に最低限危険がない状態を作っていただきたいと思います。


 仕事が忙しくて手伝うのが難しいという人もいらっしゃるでしょう。
そういう場合は弊社のような家財整理(生前整理・遺品整理)業者や、
片付けを手伝ってくれる整理収納サービスを利用してください。

「自分でやらなければ…」という気持ちはとても大事なことですが、
やはりプロの仕事はひと味違います。

一覧に戻る