本

遺品整理業者の
選び方

遺品整理業界の現実

「家財整理業者といえば?」
このように質問をして、業者名を言えるお客様はほぼいらっしゃいません。これが業界のすべてを表しています。「名が知られている業者がない」「家財整理という業種の特性としてリピートがほとんどない」ということを考えるとつまりは「評判が立たない」ということを意味します。こうなると、悪いことを考える業者が横行してしまうという結果を招きます。
実際に家財整理業界の3大迷惑行為として、下記の内容があげられます。
① 過大請求
② ネコババ
③ 不法投棄
実際、貴金属などを持って行かれてしまったという話もあります。残念ながら、家財整理業界の現状は必ずしも胸を張って良いと言える状況ではないのです。 お客様に疑心や、不信感を抱かせないよう私たち自身がお客様に更なる信頼と安心感をご提供出来るように努めて参ります。

失敗しないで良い
遺品整理業者を選ぶには?

① 作業料金が明確か?
見積りの項目1つ1つがどのような根拠や計算式で算定された金額なのか、納得できるまで質問し、教えてもらいましょう。見積りの項目がむやみに大まかなもの(「家財整理一式○○万円」など)となっていたり、根拠が説明できなかったりする場合は、疑ってかかる必要があるかもしれません。
② 担当者の接客態度・服装等に問題がないか
多くの業者は事前に無料で見積もりを実施していますので、その際に、丁寧で誠意ある接客態度か、清潔感のある服装か、などしっかり観察しましょう。無料見積もり自体に対応してくれない業者は論外だと思います。
③ 買い取り品目が豊富かつ、適正価格で買い取ってくれているか
家財処分のみ行い、買取は対応しないという業者がかなりあります。また、買取を行う場合でも、専門知識の不足から品物の価値を見抜けず、適切な値付けができないという業者や、品物の価値が見抜けていても販売経路が弱いため、本来の価値より低い買取価格しか提示できない業者もあります。高齢者を相手に足元を見て、買いたたこうとする業者などは言語道断です。
上記①~③をすべて満たす業者は、限られます。うまく見つけられない場合、上記①、②に問題のない業者に家財処分を任せ、買取については弊社のような買取に強い業者を活用、というように別々に依頼するのも1つの手段かもしれません。

選び方まとめ

遺品整理は、ご遺族の方にとってデリケートな内容です。
きちんと信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

「信頼できる業者」を選ぶ際、最適なのは「ご紹介」かと思います。紹介の場合、紹介元の顔を潰すわけにはいかないからです。ありがたいことに、弊社は野村證券様などからご信頼を受け、ご紹介を頂いています。野村證券様のご紹介に値する業者として、進化し続け、信頼され続ける業者でありたいと努力しています。
また、弊社ではご依頼頂いた際に契約書・同意書のご記入をお願いしております。
業者によっては契約書や同意書を交わさずに依頼を受けることがあります。きちんと契約書や同意書を交わしておくことでトラブルが起こった際に抑止力になります。
※当ホームページで同意書を公開しておりますのでご参考ください。

同意書はこちらから